南町田 鶴和(なごみ)会

南町田鶴和(なごみ)会 生誕の経緯                             吉岡 正憲

 この度、鶴和会のゴルコフンペの一端を自治会ホームページにリンクさせて頂く事になりました。

そこでこの会がどのような経緯で生まれたのかお話したいと思います。

 今を去る事4年前、南町田祭に関わったメンバーの中で「一度気晴らしにゴルフでも・・」ということになり2組でゴルフ

を通じて友好を暖めました。当時は交通法規の改正で飲酒運転に対し厳しい罰則が強化され、ゴルフ帰りも取り締ま

りの対象になり、4人で100〜120万円の罰金とかが報じられだした矢先でしたので、家路に直行し、往時は何かあ

ると自治会メンバーの集まりの場であった今は無き「養老の瀧南町田店」でワイワイガヤガヤやっているうち、どうせな

ら続けるか、続けるなら名をつけて会にしよう。名前は和みに鶴間の鶴をつけて鶴和(なごみ)にしよう。ここまではあっ

という間に決まりました。

 21世紀は団塊の世代が一気に定年を迎え”みの虫”という社会現象が取りざたされました。会社人間として仕事一

筋の人が今日から会社へ行かなくてもいい・・・否、行けない・・。そこでグレーのジャージを着込みテレビの前に日が

な一日陣取って動かない。朝ご飯の片づけをしている奥さんに「オーイ昼飯はなんだ〜」奥さんの限度も1週間.粗大

ゴミから落ち葉族.それもぬれ落ち葉、履いても履いても動かない。この自治会も例外でなくあるご子息から「家の親

父さんあれではテレビ付けのダメ親父になっちゃうから何とかして下さいよ〜」と相談されました。

よしっ!鶴和会で解決策を見い出そう。・・・・この辺の発想が3年前の会報誌「さわやか」に「蓑虫族からの脱出」とし

てゴルフを一緒にやりませんかと言う提案になりました。このとき南町田自治会には伝統あるMG会があるので明確に

棲み分けをするとし、我々はゴルフ+アルコール=鶴和会と宣言しました。この主旨を理解して頂き仲間の輪は大きく

なり、且つ女性の方も「アルコールが入るまでは鶴和会の男性はとてもやさしい」という事が口伝に広がり参加者が

徐々にではありますが増加して来ました。そんなこんなで昨今は7〜8組の参加を頂いており専属幹事のお骨折りで

バスを仕立ててのコンペで文字どおり往きのバスからアルコールを嗜んで楽しいコンペになりました。

鶴和会秘話
 鶴和会はゴルフの他にスキー部もあります。2泊3日で北海道のパウダースノーを満喫するのですが残念ながらスキ

ーに行く前に、腰痛に負けるメンバーが後を絶たず今や風前の灯です。そこで今回は1月30日〜2月1日の日程でス

キーの部と温泉、グルメの部の2本立てとして2日目は合同で旭山動物園見学をする。というプランを検討しておりま

す。もしかすると雪祭りにの準備段階も見られるかもしれません。詳細は後日という事でお楽しみにしていてください。

 夢は大きく生涯スポーツとしてのスローソフトボール、ハーフコートサッカーなど総合的なスポーツを取り揃えてやりた

いと大ボラを吹いております。
                                                        2008年10月7日記

なごみ会トップページへ 誕生の経緯