皆さん。毎日、何気なくご家庭で捨てている生ゴミでどの位もったいない事をしているかご存じですか?
日本では、毎年2兆円の税金をごみの処理に使い、その上、大気、水、土壌を汚染しているのです。ごみは、浪費社会の象徴です。この度、NPO法人「町田発ゼロ・ウェイストの会」をお迎えして浪費社会から「もったいない社会」を作る勉強会を開催いたしました。
開催日:平成23年11月13日(日)  10:00〜12:00
場所 :南町田会館 ゆりの木ホール
講師 :・NPO法人町田発ゼロ・ウェイストの会 広瀬立成 理事長(首都大学東京 名誉教授)
     ・NPO法人町田発ゼロ・ウェイストの会 中村達郎 理事
概要 :1)ごみゼロの町づくり     広瀬理事長
       @蓄積社会(消費型)から持続社会(循環型)
       A放射能ごみについて(物理学者の目)
     2)生ゴミの自家処理の勧め    中村理事
出席者は谷村会長以下30名程でした。

会場の様子


谷村会長の挨拶                           広瀬理事長のプレゼンテーション


中村 理事のプレゼンテーション                 出席者の質問に答える広瀬理事長
町田発ゼロ・ウェイストの会のホームページはこちらです。http://www.zerowaste-machida.jp/
是非ご覧下さい。