都県境一斉合同防犯パトロールに参加

今回、町田警察署より「平成22年度全国地域安全運動の一環として町内会・自治会等との一斉合同パトロールを実施し、特に都県境の犯罪抑止のための広報・啓発活動を行いたい」旨の要請がありました。当自治会のエリアでも空き巣や引ったくりの被害が出ており、犯罪者の心理から所轄の隣町に逃げ込むことが多いと聞いておりますので近隣の大和市や瀬谷地区の方々と防犯意識を共有する良い機会と考え、参加することと致しました。南町田自治会は鶴間小学校を起点とするコースとなりました。
開催日:10月16日(土)  集合場所:鶴間小学校運動場
コース:鶴間小→観音寺交差点→下鶴間公園(Uターン)→目黒交差点→五貫目町→マークスプリング→鶴間小
参加自治会:
町田署管内・・・・鶴間自治会、南町田自治会
大和署管内・・・・山谷自治会  
瀬谷署管内・・・五貫目町内会、マークスプリング自治会
                      防犯部長  中野 義明

     翌17日の読売新聞朝刊に記事が掲載されました。


 南町田自治会の参加者の皆さん

写真提供  高橋 和也 自治会長